AGAの原因は遺伝や食生活

AGAの原因は遺伝や食生活

AGAの原因として知られていることは数多くあり、その代表的な原因として挙げられるのが「遺伝」や「食生活」です。医薬品として発売されている育毛剤に無数ので、内容成分を確認し、注意事項をよく読んで育毛剤を選ぶようにしましょう。

殊に遺伝というのは、AGAの人のかなりの割合を集めているものであり、父親や祖母、親類など血が繋がっている家族の中にAGAの方がいる場合には遺伝してしまう恐れがあります。「今日になっていきなり抜毛が目立ち始めた。」っということはありません。

AGA予防として、まだAGAが目立っていない弱年年齢から育毛剤を使うことを習慣にした方が最善でしょう。食生活では、欧米化した油をふんだんに使った料理が広く食べられています。

ただし発売されている育毛剤の中には10代の使用が出来ない種類もあります。実際に過去と現在のAGAの人の割合を調べてみますと、圧倒的に欧米化された現在の方が多くなっているのです。

残念ながら遺伝が原因でAGAのまま放置をしていると、そのAGAの進行を止めることは出来ません。AGAというのは、長たらしい年月をかけ徐々に抜毛が進行していき、一度髪の毛が抜けた毛穴からニュー髪の毛が生えてくることがなく、悩みのAGAになってしまいます。

今までの日本は和食がメインで食べられており、多くの油分を摂取する食事は避けられてきました。実際にAGAになってから育毛剤を使ったとしても、なかなかその効果を実感することは出来ません。


ホーム RSS購読 サイトマップ